再会と出会い


私が鎌倉のキビヤベーカリーで修業していた頃

御成通りに月に一度出没する

カッコイイ八百屋の太郎さん。

帰りに必ずパンを買ってくれた。

嬉しかった♪


フレッシュでカラフルな美味しい有機野菜売りの

太郎さんとの7年振りかの再会。


現在は三重県伊賀に移住して

自給自足的なスローライフを

アメリカ人のカワイイ奥様と

実現されているそうで…

つい最近、大雪の日に奥様と一緒にお店へご来店。


その時に

伊賀の山で獣害駆除された鹿肉を

手土産に戴いた。


実はジビエ

私は喰わず嫌いだったから

一瞬ギョッとしたけれど…


なんて美味しいことでしょう‼

きっと新鮮な内に、上手な加工をされているせいか?野性だからか⁇

お肉は鳥が一番って思っていた私が

好みが一転して鹿 ジビエ 好きに。

ちなみに猪肉も美味。


太郎さん曰く

「害獣駆除されてしまう鹿の肉を有効利用しようとしてる人達が

ソーセージを開発したりしてて
僕は、害獣駆除っていう概念無いんだけど。

単純に、鹿とか猪と命のやり取りして得たその恵みは、

肉として一番真っ当な物だと思うの。

生物的にイーブンな立場で食えるなって。

食うために変な餌開発して食わせて気持ち悪いくらい太らせたり、

何回も妊娠させたりっていうのじゃない。」


私はこんなカッコイイ考え方とか生き方

正直出来てませんが…


とにかく

ジビエ+ハード系パンのコラボレーション

美味しい提案

この先も続けていければと

アイデアを巡らせるのでした。




コメント