2017 春分の日


暖かな春の陽射しの中

休日の大仕事

今年は久しぶりに手前味噌を仕込もうと

小麦でお世話になっている

無農薬農家の美味しい大豆と米麹を材料に

倍麹味噌を全て手作業で行いました。


ふっくらと柔らかく炊けた大豆は

そのまま食べても止まらないくらい美味

その大豆と麹と天然塩を混ぜ合わせると

部屋中に麹の香りが広がります。

これぞ日本古来から伝わる和の香り。


私が仕込んでいると、

母が遠い昔、自分が子供の頃に

おばあちゃんが手際よくお味噌を仕込んでいた記憶を思い出したと話してくれました。

昔はそれぞれの家で、

1年分のお味噌を大量に仕込むのに

ご近所さんにも手伝ってもらいながら行っていたそうです。


お味噌づくりは

昔から引き継がれる

日本の大切な文化です。

きっとこの先、

世界にも広がる価値ある発酵食だと感じます。


仕込みの仕上げに

多賀酒造の酒粕で密閉して完了!

我が家の手前味噌

2018年1月20日蔵出し予定です。







コメント